ヘッダー1
技術詳細
技術詳細
新しいビジネス
伝助(会話補助システム)
皆伝
老人性難聴【高い音が聞き取りにくい高音障害型感音難聴】
耳の組織の老化により難聴も徐々に進行します。
耳は、外耳、中耳、内耳の三つの部分から成っています。空気の振動である音は、外耳を通じて集められ、鼓膜を振動させ、耳小骨という小さな骨を経由して増強され、音を感じる感覚細胞のある内耳に伝達されます。内耳から聴神経を経て脳内の音を感じる中枢である聴覚中枢へ伝達されて処理され、音や言葉を弁別したり理解したりできるといわれています。難聴は、外耳から聴覚中枢までの経路のどこで障害が起きても生じますが、大きく分けると外耳から中耳までの音を伝える経路の障害で生じる伝音難聴と、内耳から聴覚中枢に至るまでの音を感じる部分の障害で生じる感音難聴に分かれます。

老人性難聴の特徴
耳の組織は、部位により程度の差はあるものの、加齢に伴って萎縮や変性をきたします。
耳の組織の老化により、年齢が進むに従って徐々に難聴も進行します。老人性難聴は、一般的に両耳に同じように起こり、高い音のほうがより聞き取りにくくなる高音障害型感音難聴を特徴としています。"さ行""は行""か行"などいくつかの子音は、高齢者で聴力が低下する高い音域に属するため、「七時(しちじ)」を「一時(いちじ)」と聞き間違えたりする現象が起こってきます。また、言葉を聞き分ける能力も、加齢とともに低下します。高齢者では「会話の声が聞こえても、何を言っているのか内容が聞き取れない。」といわれます。われわれは言葉を聞いたとき、脳の中に蓄積した膨大な語彙(ごい:言葉を類別して集めたもの)の引き出しから、必要に応じて取り出して、単語や文章として認知します。この際、脳内のいくつかの異なる部分が活動するとされています。話者の言葉が耳から脳へ伝達されると、脳内の語彙と照合して単語を想起するため、聴覚に関係する中枢だけでなく、言語表出を担当する中枢部分も活動します。老人性難聴で言葉を聞き分ける力が低下することは、脳の老化と密接に関係しているのです。

高い音が聞き取りにくい
老人性難聴では、高いほうの音から聞き取りにくくなります。個人差はありますが、40歳代半ばくらいになると、周波数が8000Hzという、聴力検査で測定できる最も高い音に対する聴力の低下が見られるようになります。ただし、日常の会話では、それよりも低い500〜2000Hzの音域を中心に話をしているので、この程度ではまだ日常生活への影響はありません。その後、年を取るにつれて、4000Hz、2000Hz、1000Hzというように、聞き取りにくくなる範囲がだんだん広がっていきます。聴力の低下には、おおきな個人差がありますが、大体60歳代になると、日常会話のなかで、不都合が生じてきます。

言葉を聞き分ける力が低下する
加齢とともに、言葉を聞き分ける能力も低下してきます。特に「サ行」や「タ行」などの音の高さは、800Hz〜3000Hzと、日常会話のなかでは、高い音域に属します。そのため、この音域の音が聞き取りにくくなると、音は聞こえていても、相手が話した言葉とは違う言葉に聞こえるという現象が起こってくるようになります。例えば、実際には「 タカイ」と発音したのにもかかわらず「ハカイ」というように別の音に聞こえてしまいます。このような現象を「異聴」といいますが、「ラ行」「ガ行」「ダ行」「バ行」なども、異聴の起こりやすい音です。また「サ行」の音と「シャ」の音を聞き違えたり「タ」の音と「ラ」の音を聞き違えるといったこともしばしば見られます。なお、異聴のほとんどは子音で起こり、母音である「ア行」ではほとんど起こりません。これは母音の音域いが、500Hz前後と低めのレベルにあることが大きく関係しています。もっとも、異聴が起こったからといって、話の内容を完全に取り違えてしまうわけではありません。多くの場合は、その前後の言葉や話などから、話の内容を正しく理解することができます。

大勢のなかでの会話が聞き取れない
普通は、周りに大勢の人がいても、相手の話だけを聞き取ることができますが、老人性難聴が進むと、そうした機能も低下します。そのため、大勢の人がいる場所では、会話をするのが難しくなる傾向があります。
老人性難聴の進行を抑えるのは難しいのですが、難聴を悪化させる要因として、騒音や生活習慣病などがかかわっていると考えられています。生活習慣病がある場合は、その治療に努め、騒音の激しい場所で過ごしたり、大音量で音楽を聴くなどということは、できるだけ避けるようにしましょう。


聞こえの「情報保障」
言葉の聞き取る力が弱いと補聴器を装用しても音しか聞こえません。
ほとんんどの人は、会話を聞き取りたいのであり、音を聞くために補聴器を装用しているわけではないはずです。それであれば、どう補聴したら聞き取りが良くなるかを考えた方が聞こえに悩む方にとっては良いでしょう。

補聴器は聴覚補正の医療機器としては、有効であり確実な手段です。しかし、補聴器に頼らずに聞こえの悩みをお持ちの方が多数おります。
聞こえグラフ
※表からわかるように
1)耳元で叫ぶことは、効果はありません
2)日本語より英語やイタリア語の方が聴こえづらくなります。
ゆっくりはっきり普通の会話のレベルで話すことが大切です。

聴覚組織の特性     聴覚器官の特性
脳の聴覚野の中で記録と照合し、どんな音なのか、何の音なのか、どのような状況なのかを把握します。言葉なら何と言っているのか、音ならどんな音がしているのかを判別します。(語音明瞭度)
脳の音に対する認識のメカニズムを活用して、余分な補正をすることなく脳が音を判断する能力を補うことが大切です。語音明瞭度をほんの少しだけ補助することで脳が活性化し、記憶している情報と関連して会話の理解力も向上します。
高齢によって音を電気信号に変換する組織は劣化してしまいます。個人差はありますが高音域から衰えます。
リクルートメント現象(補充現象)
難聴であるにもかかわらず、ある一定の音量を超えた音が健常耳に比べ強く響き、また耳に刺激を感じます。


独自補正回路(Voice Clarity System)を搭載  ※特許出願済
私たちは、独自のアルゴリズムで音声処理を施し、音声を聴こえ易くするシステムを開発。基本原理は、人間の音声に含まれる2〜5次高調波を取り出し、独自の処理で補正して元の音声に合成させるシステムです。
それによって本来の音質にほとんど影響なく、音声帯域の感度を向上させることができます。様々な放送設備に於いても大きな効果があり、補聴器や集音器のように個別対応ではなく、一度にたくさんの方に明瞭な情報を提供することができます。
単純に、高調波成分が含まれる周波数帯域を強調するだけでは、聴こえやすくはなりません。高域のレベルを強調すると健常者の方には、硬いキンキンしたような音になります。また、環境によっては逆効果となる場合もあります。伝助・皆伝では、独自の理論に基づく補正回路を設計。高齢による難聴で減衰した音声成分だけを、元の音声に加えます。音量を上げることなく自然な音に聴こえることを可能にしました。

衰退した部分を独自の理論で脳が判別しやすい音に補正します
1)主音声部分は声色が変わらないようにそのままの状態で
2)劣化してしまった高調波成分のみを取り出す(別図参照)
3)高調波成分の周波数帯域をレベル補正とノイズカット
4)独自の理論により、主音声部分と位相やレベル差を整合
5)聞こえやすい周波数特性に補正して出力する

PAGE TOP