ヘッダー1
難聴について
技術詳細
新しいビジネス
伝助(会話補助システム)
皆伝
難聴者・中途失聴者
難聴者とは?中途失聴者とは?
年をとったり、病気や事故、薬害などの原因で、何らかの聞こえの低下がある人々のことです。平均聴力レベルが両耳70デシベルを超えると身体障害者福祉法で「聴覚障害」になりますが、実際には約40デシベルを超えると電話やテレビの音が聞こえにくくなるなど、日常生活に支障をきたしています。特にことば(音声言語)を獲得してから聞こえを失った人たちを中途失聴者と言います。失調時期も幼児期から高齢期までと幅広く、聴力、コミュニケーション方法もまちまちです。聞こえに悩みや不安を感じている方は、高齢者を中心に1,500万人にのぼると言われています。
難聴者は聞こえるの?
また音が大きくなってもことばの区別ができないと聞こえません。
難聴者や中途失聴者はどうやってコミュニケーションするの?
難聴者はいろいろな手段を合わせて使います。
難聴者や中途失聴者が困ることはなんでしょう?
難聴者や中途失聴者が求めている配慮はなんでしょう?

イラスト

PAGE TOP